Film*&

最近の押しメンはダニエル・グレイグ。

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼロ・ダーク・サーティー 

2013/03/13
Wed. 23:59

zero_dark_thirty_poster_trailer-thumb-640x907-62654_thum500.jpg

今回はこれ。

「ゼロ・ダーク・サーティー」を見てきました!

久々にがっつり真面目なシリアスもの。
ビグローによると、タイトルは軍事用語で午前0時30分を指すそうです。

高卒でCIAにスカウトされた主人公マヤがビンラディンを追い詰め、見つけ出す話。
拷問シーンや射殺シーンも出てくるのですが、そこまでグロい表現はなかったかな。

人を痛めつけるシーンというよりは拷問の仕方、相手の心をどうやって挫いていくか
っていうのが分かりやすく表現されてて、ストーリーも含めすごく飲み込みやすい映画でした。

あくまで個人的観測ですがwww

話の抑揚も丁度良くて中だるみすることなく、ずっと集中して見続けられました!
そのおかげで終わった後結構疲れたけどw


nbor2012_main.jpg
主人公のマヤ↑

マヤっていい名前だなぁ...そして美人。
何より声が、よく通るいい声していて怒鳴っているシーンでもうっとりしてしまいましたw
私だけ?www



ってな訳で以下ネタバレ!




















ただ一点だけ気になったのが...


顎がね。


顎が若干割れ気味なのねマヤ役のジェシカ・チャステイン(´・ω・`)

いや、美人なのよ!?めっちゃ美人で強い女性!!!

ごめん。失言だったよ。ほんとごめん(´・ω・`)



冒頭でも書いたけど、彼女は高卒でCIAに引き抜かれて即パキスタン入り。
冷酷な女だそうだ とか言われてたけど、本当のところはどうだったんだろう...
期待されて派遣されたのか、それともただの人員補充だったのかは不明。

最初に捕虜のアルカイダメンバーに対する尋問に立ち会うんだけど、
ここでジャックっていう先輩CIAが尋問してるのを見て、本物の尋問を始めて見るて学んでいく。

濡れタオルを仰向けの状態の顔に被せて上から水をかけ続けるとか、
まぁ他の映画でも結構表現として使われてる方法だね、最近だとデンジャラス・ランで見たな。

9.11以降の話なのでテロの主犯であるビンラディンを確保(殺害)するのが最終目標な訳だけど、
まぁ簡単にはいかないよね。
捕虜は頑なにビンラディンの居場所は言わないし、捜査している間もテロは立て続けに起こる。

一人赴任してきたマヤと一緒にご飯を食べに行ったりしていた女性捜査官も、
相手から持ちかけられた会談に騙され、自爆に巻き込まれ...

それでも諦めずに捜査を続けるマヤに周りも触発されていく感じがすごく伝わって、
主人公はすごく職場環境に恵まれてるなと思わざる終えなかった。
マヤの気持ちが伝わったからっていうのもあると思うけど。

ついに幹部クラスの連絡員の住居を突き止めて、そこを衛星カメラで始終監視すると、
顔を見せない第3の男がいることが判明。それがビンラディンだという証拠はないものの
マヤは確信して、そこへ突入する作戦を立てるべきと主張。

ここから作戦開始までマヤがずーーーーーーとオフィスと上司の部屋を区切るガラスに、
上司に向かってのメッセージとして日付を赤ペンで書いていくのが可愛いwww

「もう何日も動きがない!!!何してんだ!!」ってな感じでw

100日の時は「!」が5個ぐらいついてた可愛いwwwwwwww


そんなマヤに無理やり背中を押された形で、上官も頑張ってくれますw
大統領へ話を通す前に許可を取らなければならない人に(詳しくはダレだったのあれ)
かっこよく一言。

「何もしないリスク。
そこにいるかもしれないのに何もせず、
野放しにしてしまったリスクを背負うことが出来ますか?」

かっけぇーっやるぅー!!

もう最後には誰もがマヤの味方のようで、内部の裏切り的なものは全然匂わなかった。
まぁそりゃそうだよねwww今回の映画のテーマ的にそれ組み込んじゃまずいよねwww

いざ大統領に長官が話しに行くってことになって、
最後にみんなから意見を聞きたい。といわれた時に
それぞれが確立は60%だーとかその他情報をまとめても80%だあーだこーだ言ってる中マヤだけは、

「100% あ、でもそんなこというとみんなビビっちゃうから95%にします。」

ビシィっ!!!!!!!っと!!!!!!!

ここにいるどの男よりも男らしい女であるマヤ!!!!!!!!!


で、あとは作戦開始~ビンラディン射殺。

全てが終わって飛行機に乗り込んだマヤに乗務員が、

「飛行機貸切なんて相当大物なんだな?どこに行くんだ?」

と聞かれて今まで一度も流れなかった涙が溢れてマヤの泣き顔からエンドロールに入る。




完全に私の考察だけど。

「どこに行くんだ?」

と聞かれて、どこも思いつかなかったんじゃないかな。

高卒でCIA。しかもキャリアは10数年ずっとビンラディンを追ってきただけ。

今回目的を果たすまではCIAで果たした成果などほぼなかった。

マヤが目標を達成して、そして失った全てのものをこの問いで自覚したんじゃないかと思った。


失った多くの同僚もそう、自分の時間もそうだし、何よりこれからマヤは何に向かって
その意思の強さを貫き通していくんだろう。

まぁ彼女の場合、周りの人にも恵まれてるしもともとすごく強い人だから大丈夫だとは思うけどw


下手にその後のマヤの生活とか入れられるよりは、
ひとつの物語が終わった。って感じがしてじーんと心に残るラストでした!

面白かった!!!!










にしてもね?

いやー、やっぱウキウキするよね!!!!!

最後の隠れ家突入時の兵隊さんたちにさ!?

いい筋肉すぎて!!!!!!!!(`・ω・´)www



あとはよくFuckって言葉が飛び交ってたな(´∪`*)www
そりゃもう清清しいぐらいに飛び交ってた(´∪`*)www

2017-06

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。